アフィリエイトなどはじめ、ネットビジネスについてのノウハウや役立つ情報を配信していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アフィリエイトの種類・ジャンルを比較しながら解説

パソコン キーボード インターネット

今回は「アフィリエイト」の種類やジャンルについて解説してしていきます。

アフィリエイトと言っても、
数多くのスタイルが存在します。

収益化の種類も「クリック型」「成果報酬型」などありますし、
扱うジャンルや紹介する商品なども多種多様です。

アプローチの仕方もアドセンス広告を貼ったり、
メルマガを通して紹介するなど組み合わせパターンは多くあります。

種類やジャンル別に分けて順番に解説していきますね。

クリック報酬型アフィリエイト

「クリック報酬型アフィリエイト」とは、
その名の通り読者にクリックされると報酬が発生する仕組みです。

アクセスを集めることで収益に直結しやすい特徴があるので、
初心者の方が始めやすいジャンルだと思います。

クリック型広告が利用できる有名ASPをいくつかご紹介。

ASP 収益性 規約 審査
Google AdSsense 厳しい
NEND やや高 標準
i-mobile 寛容
忍者Admax やや高 標準
kauli 標準

クリック型広告のASPは数多くありますが、
最大手はグーグルが運営する「Google AdSense」ですね。

クリック1回あたりの単価が高く、
クリック型広告を掲載されているブログの多くが利用しています。

その半面で規約が厳しく「アダルト」「お酒」「タバコ」などNG要素が多く、
しっかりと規約を確認してから利用しないとアカウントが停止されるリスクがあります。

広告の上下部に「スポンサードリンク」と記載されているかと思いますが、
これも規約の内のひとつになっています。

広告タイプについて

クリック型広告はサイズ選びや掲載位置も非常に重要です。

一般的に効果的と言われているのは…

・ヘッダー下
・記事(一覧)下

などの位置かと思います。

運営するブログのジャンル・スタイルにおいても違ってきますが、
記事途中にも配置するのも有効かと思います。

僕自身が運営するブログでは…

【最下部<<<ヘッダー=記事下<記事途中】

といった感じで成果が表れていますね。

ただし、配置する場所によってはユーザビリティを損ねてしまい、
ブログ自体の価値を下げてしまう可能性もあるので、
コンテンツと広告のバランスを保つことが重要だと思います。

広告ばかりに重きを置いてアクセスが低下したり、
固定読者が離れてしまっては元も子もないですからね。

あわせて読みたい

物販アフィリエイト

「物販アフィリエイト」とは、
基本的に紹介した商品を売ることで収益が発生します。

商品にはサーバーや引っ越しなどサービスも含みます。

クリック型広告同様に楽天、AMAZON、A8.netなど様々ASPが存在します。

楽天、AMAZONは報酬率が数%と低いのに対して、
報酬率が高い商品を扱うASPもあります。

商品の中には商品の価格がそのまま報酬額といった案件もあり、
ユーザーが持続的に使用していく商品であればそういった高報酬の商品も少なくありません。

クリック報酬型アフィリエイトと比較すると、
大きな金額を稼ぐことが出来るアフィリエイトと言えます。

ただし、「商品を売る」事はそう簡単ではないのが現状です。

ジャンルの適正、コピーライティングなど
アプローチ方法がより重要となります。

クリック報酬型アフィリエイトを「受け身」とすると、
物販アフィリエイト「攻め」と言えるかと思います。

情報商材アフィリエイト

「情報商材アフィリエイト」とは、
ノウハウなどの情報やダウンロード商品を売る手法になります。

ダイエットや美容に関する情報、
アフィリエイトノウハウやSEOテンプレートなど様々な商品があります。

また、自分でアフィリエイトで稼いだ経験を活かし、
そのノウハウをまとめ情報商材として販売しているアフィリエイターも多くなってきています。

情報商材を売ることは非常に難しいと言われていますが、
報酬率が数十%と高い案件が多く、
月収100万以上稼ぐアフィリエイターも少なくありません。

読者をファン化する事で信頼性を高めることが出来れば、
自ら作成した情報商材も売れる可能性がアップします。

最近では少なくなってきましたが、
残念がら詐欺的な商材も中にはあるので、
「ネットビジネスが怪しい」と言われるひとつの理由ともなっています。

情報商材のASPはインフォトップ(info top)が有名ですね。

メルマガアフィリエイト

「メルマガアフィリエイト」とは、
メールマガジンを通して商品を売ることで収益が発生します。

媒体がメルマガというだけで収益発生の仕組みは同じです。

読者に直接的に働きかけることが出来るため、
収益性は非常に高い手法となっています。

自動化も可能

有名なメルマガシステムにはまぐまぐやメルマなどがあります。

メルマガは「シナリオ」を組むことで、収益の自動化を図ることが可能です。

例えば、全7通を1日1通で1週間で読者に配信するとして、
あらかじめ7通のメールを構成しておきます。

読者がメルマガに登録した時点で自動的にその7通が配信されます。

この仕組みを「ステップメール」と言います。

ただし、メルマガで収益を上げるには、
メルマガを購読してもらうためのLP(ランディングページ)、
メルマガで発信する内容などしっかりと構築出来る人と出来ない人では大きな収益の差が生まれます。

また、メルマガ読者を増やすためには、
それなりのアクセスが必要になる事が多いです。

ブログやSNSでの集客を充実させ、
読者(リスト)を増やしメルマガをしっかりと構築することが出来れば、
かなり大きな金額を自動で稼ぐことも可能ですが、
難易度はかなり高めな手法だと思います。

無料オファーアフィリエイト

「無料オファーアフィリエイト」とは、
無料の商品・情報などを紹介することで報酬が発生します。

例を挙げると、AさんのメルマガをBさんが読者に紹介し、
登録してもらえるとAさんからBさんに500円の報酬が支払われるといった感じです。

AさんはBさんに500円を支払ったとしても、
メルマガを通して500円以上の収益が見込めるため成り立っています。

無料オファー1本で稼いでいくというのは中々難しいですが、
登録してもらうハードルが低いため最近では活用する人が多くなっています。

逆に自分自身でメルマガ読者数を増やしたい時は、
無料オファーをアフィリエイターに依頼することで、
あなたのメルマガ読者数は急激に増える可能性もあります。

ただし、そのためには自分のシステムにおける読者1人あたりの収益を知る必要があります。

適当に報酬を設定してしまうと赤字になってしまいますからね。

今回は以上になります。

アフィリエイトと言っても様々な種類があります。

モチベーションを持続するためにも、
自分にあったスタイルを見極めることが非常に重要です。

どんなジャンルのアフィリエイトでもASP登録が必須になります。

おすすめのASPに関する情報は下記の記事で詳しく解説していますよ。

あわせて読みたい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング参加中

ブログランキング上位目指して頑張ってます!
【現在のランキング順位は…?】

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

運営者情報

「運営者…ケンタ」
2016y08m15d_005502471

アフィリエイトをはじめ、最初の半年はほぼ無収入。

その後も諦めずに続け、試行錯誤しながらも約1年で月収50万円を達成。

現在ではメインブログは1日数時間の作業となり、空いた時間は趣味に費やしたり、更なる飛躍に向けて勉強中…。

このブログでは、アフィリエイトやネットビジネスをなどに関して有益な情報を配信していけたらと思っています。

Twitterやってます