アフィリエイトなどはじめ、ネットビジネスについてのノウハウや役立つ情報を配信していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリック報酬型と成果報酬型のアフィリエイトとの大きな違いは?

パソコン タブレット マウス

今回は「クリック報酬型」「成果報酬型」のアフィリエイトの違いとそれぞれのメリット・デメリットなどを解説していきます。

この2種類のアフィリエイトにおいて大きな違いがあります。

ASP クリック 商品購入
クリック報酬型 発生 発生しない
成果報酬型 発生しない 発生

「クリック報酬型」はクリックされる事で報酬しますが、
リンク先で商品を購入されても報酬は発生しません。

「成果報酬型」はクリックされても報酬は発生しませんが、
リンク先で商品を購入されれば報酬が発生します。

例外として、クリック・商品購入どちらも報酬が発生するケースもありますが、
基本的にはどちらかしか報酬が発生しない案件がスタンダードになります。

それでは、それぞれのアフィリエイト手法のメリットとデメリットを順番に見ていきましょう。

クリック型報酬アフィリエイト

グーグルアドセンス

クリック報酬型はクリックされるだけで報酬が発生するので、
初心者にはオススメのアフィリエイト手法になります。

とにかくアクセス数が収益に直結しやすいため、
如何にアクセス数を伸ばせるかがカギとなります。

発信する情報のジャンルによって広告のクリック率や単価も変わってきます。

クリック型広告が利用できる有名ASPをいくつかご紹介しますね。

タイプ 収益性 規約 審査
Google AdSsense 厳しい
NEND やや高 標準
i-mobile 寛容
忍者Admax やや高 標準
kauli 標準

主要ASPはグーグルが運営する「GoogleAdSense」ですね。

平均クリック単価20~30円と圧倒的に高く、
クリック報酬型を始めるなら必ず登録しておきたいASPになります。

ただし、規約が厳しくアカウントが停止になって広告を貼れなくなってしまったと嘆く声もネット上ではチラホラ…。

グーグルアドセンスが使えなくなると、
クリック報酬型のアフィリエイターにとってはかなり痛手となりますね。

メリット

クリックされるだけで報酬が発生するのでハードルが低く、
まずは「稼ぐ」ことを実感したい初心者にはオススメ。

また、成果報酬型とは違い商品を購入してもらわなくても良いので、
コピーライティングなどの文章力があまり必要ないです。
※そもそもクリックを誘導することは規約違反

基本的にはユーザーに有益な情報を配信し、
アクセス数を伸ばしていくことが重要になります。

アクセスアップにはSEO対策で検索順位を高めたり、
トレンド性が強いジャンルを扱うことが有効です。
※SEO=Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)

デメリット

基本的にはアクセス数に依存するケースが多いので大きな金額を稼ぐことは難しいと言われています。

とは言っても月収100万以上稼ぐアフィリエイターもいます。

それ以上の金額を稼ぐとなると、
アクセス数を活かして「成果報酬型」を始めプラスαの手法など横に幅を広げていくなどしないと中々厳しいかと思います。

また、爆発的なアクセス数を稼ぐにはトレンド性の強いテーマやジャンルを扱うことが近道となりますが、
そのトレンドが終わってしまうとアクセス数は激減してしまうため収益のグラフも荒い波を描く可能性があります。

クリック報酬型は初心者が「アフィリエイトで稼ぐ」ことを実感するための手法として勧められている方が多いのが現状です。

ちなみに僕自信が運営しているブログで1日20万PVのアクセスを達成した時で約18,000円の収益でした。
※PV=見られたページ数

仮にクリック単価が25円であればクリック数は720回、
1ページあたりのクリック率は0.36%とかなり低い数値となります。

アクセス数は集めやすい反面で「購買意欲」が低いジャンルを扱っているのでこのような低い数値となっています。

ただし、これは僕自信が運営するブログの数値なので、
ジャンルによっては上記よりページ単価がはるかに高くなる事も全然あり得ます。

成果報酬型

「成果報酬型」はクリックされただけでは報酬が発生せず、
商品やサービスを購入して初めて報酬が発生します。

様々なASPがありますが、有名ASPを挙げるならば「A8.net」「アフィリエイトB」「インフォトップ」などですね。

メリット

メリットは何と言っても「報酬が高い」ということです。

特にinfotopなどが扱う情報商材系に関しては報酬率が数十%という案件も少なくないです。

また、クリック報酬型とは違い、
それほどアクセス数を集めなくても「売る力」があれば大きく稼ぐことも可能な手法です。

デメリット

クリック報酬型広告とは違い商品を購入してもらわないと報酬が発生しないのでハードルが高いです。

ジャンルと商品の選定も重要ですし、
何よりコピーライティングの力が必要になってきます。

大きく稼げる夢のある手法ではありますが、
その分、知識や経験が問われます。

コピーライティングは1度習得してしまえば他の商品にも応用が効きますし、
「商品を売る力」という本質的な力を身に付けてしまえば圧倒的に結果が出やすくなっていくでしょう。

アフィリエイトで喰っていきたいと考えるのであれば積極的に挑戦していきたいですね。

今回は以上になります。

まずは「クリック報酬型」で始めて成果が実感できたら「成果報酬型」にチャレンジ…というのがオーソドックスな流れになります。

どんなジャンルのアフィリエイトでもASP登録が必須になります。

おすすめのASPに関する情報は下記の記事で詳しく解説していますよ。

あわせて読みたい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログランキング参加中

ブログランキング上位目指して頑張ってます!
【現在のランキング順位は…?】

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

運営者情報

「運営者…ケンタ」
2016y08m15d_005502471

アフィリエイトをはじめ、最初の半年はほぼ無収入。

その後も諦めずに続け、試行錯誤しながらも約1年で月収50万円を達成。

現在ではメインブログは1日数時間の作業となり、空いた時間は趣味に費やしたり、更なる飛躍に向けて勉強中…。

このブログでは、アフィリエイトやネットビジネスをなどに関して有益な情報を配信していけたらと思っています。

Twitterやってます